Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

(茨城新聞/2023年7月31日) MerxArtが、日本の豊かな芸術資源と優位性を楽観視し、東京都港区に2つ目の東アジア支店を設立した。2023年第3四半期から、アート関係者、学芸機関、文化機関向けにメディア広報サービスを提供する。新支店の設立により、東アジア諸国のアーティストが日本で展覧会を開催する際のメディアマーケティングや広報活動を支援する予定だ。

MerxArtは、展覧会企画、メディア広報を中心に、展覧会プロモーション、アーティストインタビュー、アートイベント情報の発信など、様々な事業を展開。東京にオフィスを構え、ライブストリーミング、オンラインプレスリリース、ソーシャルメディア広告など、新しいメディアを駆使して展覧会の情報を世界中に発信している。

世界的な感染症の流行が和らぐにつれ、アート市場は急速に回復している。アート・バーゼルとUBSが発表した「グローバル・アート・マーケット・レポート」によると、2022年の世界のアート市場が3%成長し、総額約678億米ドルに達したということがわかっている。2022年の購入・収集チャネルを見ると、ディーラーが45%を占め、ギャラリーが直接13%、オンライン流通プラットフォームが10%、電話やEメールが7%、ディーラーのアートフェアが15%となっており、ギャラリーの展覧会や博覧会イベント、オンラインアートプロモーションの存在が大きくなってるいる。

伝統工芸やファッションの流行からアニメ文化まで、日本社会は無限の創造エネルギーに満ちており、首都である東京は世界屈指のアートの都として知られている。都内には数多くの美術館やギャラリーがあり、多くの現代アートが生まれただけでなく、芸術交流の場としても最適である。

MerxArtはアートの力と価値を信じ、アーティスト、キュレーター、観客をつなぎ、創造性とコミュニケーションに満ちた芸術的環境を創造することを約束する。MerxArtチームは 「インターネットメディアは、アート市場を拡大するツールです。作品の種類や地理的な制約を超え、より多くの人々がアートの魅力を理解し、国際的な美術展や交流に参加することができます。インタビューの手配やオンライン広告を通じて、クリエイターや作品のプロモーションを行い、展覧会活動にメディアへの露出の機会を多く提供していきたいと考えております。」と語っている。

日本美術の歴史は長く、その種類も多岐にわたる。絵画、彫刻、インスタレーションアートなどの現代的な創作に加え、伝統的な油絵や水墨画のパフォーマンスも素晴らしい。また、着物、生け花、茶道、盆栽、浮世絵など、日本の特色を生かしたものもある。これらの豊かで多様な芸術表現には、日本文化の独特な魅力が表れている。広報の専門家による芸術交流や広告宣伝のさらなる推進により、伝統的な形であれ、現代的な創作であれ、日本の芸術はその独自の魅力を放ち続けるだろう。

MerxArtについて

MerxArtは、Merxwireのアートプロモーションチームで、アーティスト、ギャラリー、エキシビションエージェンシーのオンライン露出の増加をサポートしています。Merxwireは、プロフェッショナルな広告、ビデオ、オーディオコンテンツを提供するビジネス情報およびソーシャル広告プロモーション企業です。

Leave a comment